Coffee

マトリョシカは大変

箱の中に

もちろん元箱に入れてたので

破損してしまう事はありませんでした。

しかし箱の中に箱があるので

まさにマトリョシカ状態。

出し入れがとにかく面倒なんです…

特に片付けの時。

クリーナーで綺麗にして、元箱にしまう。

それをまた詰め方を考えながら箱にしまう。

サーバー、ドリッパー、ドリップポットなど…

文章にすればなんて事ないんですが、

これがとてつもなく億劫に感じるように…

偉そうに外でコーヒー飲みましょう!

みたいな事を書いてきましたが、

この片付けが面倒過ぎて

朝コーヒーを淹れなかったこともあります。

ごめんなさい。

何かいい収納方法は無いものか。

何かちょうどいい入れ物は無いものか。

条件はいくつかありました。

①シェルコン25に入る程度の大きさである事

②ある程度のクッション性がある事

③誰でも買いやすい事

①と②は持ち運ぶ上での条件ですが

③が個人的に大きなポイント。

各メーカーやガレージブランドから

気の利いたかっこいいケースが色々出ています。

しかし近くにお店が無かったり

希少性が高くて買えなかったりもします。

たかがコーヒー器具の収納。

そんなに血眼になって買いたくないですよね。

そんな事を考えていた時、

ある物が目に入ってきました。

それは、無印良品の…

妻の化粧ポーチ。

小さな黒い化粧ポーチ。

無印良品で買ったとの事。

簡単な底板もあって、

ちょっとした緩衝材も周りに入ってる。

化粧品って瓶詰めの物があったり

手鏡とかも割れたら困りますよね。

何より信頼と安心の無印良品さん。

重要だった③の条件をクリアしています!

さすがにこのサイズだと小さいので

もう少し大きいサイズを購入してみました。

実際に使ってみました。

https://www.muji.com/jp/ja/store/cmdty/detail/4550002546403

自分が購入したのはこちら。

正式な商品名は「ナイロンメイクポーチL」です。

カラーはグレーにしてみました。

色々入れてみるとかなりいい感じ。

求めていたのはこれだ!と興奮しました。

メイクポーチをいじりながら興奮する27歳男性。

世間にお見せできる画ではなかったでしょう。

底板が仕切りに変身

底板が半分で折れるようになっていて

これを立てると仕切りになります。

これによって器具同士がぶつからずに済みます。

緩衝材入ってて安心

極厚ではありませんが、

ウレタンのような緩衝材が周りに入っています。

ガラスや陶器を持ち運ぶ際には大事な点です。

他の物も入れられる絶妙なサイズ

大き過ぎず小さ過ぎない。

写真のように余ったスペースには

保温マグ、スケール、フィルタースタンド、ミル、

予備のペーパーフィルターなどが入ります。

これらはそこまで持ち運びの際の

破損のリスクがないのでそのまま入れてます。

特にマグはコーヒー以外でも使いますし

サッと出せるのが◎です。

器具の片付けが楽ちん

これが大切なところ。

箱の中に箱、マトリョシカ状態になってる事は

元箱にしまってた時と変わりません。

しかし、サッと出してサッと入れられる。

箱を3,4つも開けたり閉めたりしなくていい。

これ、本当に楽なんです。

ナイロンメイクポーチの蓋はジッパーなので

開けっ放しにしておけばパッと出し入れ可能。

誰でも、どこでも買える

もちろん廃盤になってしまったり

仕様変更の可能性はあります。

しかし、現在オンラインでも在庫がありますし

まさかの店頭、オンライン共にセール中。

リーズナブルに手に入ります。

最高の収納が美味しい一杯

これなら片付けが億劫になりませんし

コーヒーを淹れる気持ちが湧き上がってきます。

ちなみにシェルコン50だと

3つ綺麗に入るとの報告も頂きました。

これならコーヒー器具に限らず

カトラリーなど安心して運べますね。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

あまりにも自分の描いていた条件に合致し

理にかなった収納方法だったので

ご紹介させて頂きました。

もちろん無印良品さんの案件ではありません。

提供等も頂いておりませんのでご安心下さい。

コーヒーに限らず、キャンプにおいて

どうしてもスタイルの秀逸さや

ギアのセレクトに目が行きがちです。

でもその裏には小さなちょっとしたストレスが

必ず誰しもあると思うんです。

気づいているけど見過ごしていたり

その面倒さに慣れてしまったり…

でもそんな小さなストレスを解消してみると

格段に快適に、楽に過ごせる事も。

他にもおすすめの収納方法や、

何か困っているちょっとした問題があったら

ぜひ教えて下さいね。

最後までご覧頂きありがとうございました。

1 2
ABOUT ME
アバター
あ つ し
Cafe &Shop "TARP to TARP" スタッフ キャンパーのコーヒーブレイクを豊かに。 「キャンプ×コーヒー」の魅力を肩肘張らずゆるっとご紹介します。